• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在はお笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著は「逆襲する山里亮太」(双葉社)など。

内村も評価 オナラで笑えるガンバレルーヤは癒やし系芸人

 初めてとは思えないほどの落ち着きぶりで手際よく番組を進め、改めてその実力を世に知らしめたのは、昨年末の「NHK紅白歌合戦」で総合司会を務めた内村光良(53)。そんな内村からの評価がうなぎ上りで、お気に入り芸人として脚光を浴びているのが、女性コンビのガンバレルーヤだ。深夜番組「内村てらすSeason2」に初出演したときに内村に気に入られ、異例の大抜擢でレギュラー入りを果たした。

 ガンバレルーヤのよしこ(27)とまひる(24)は、運命的な出会いを果たしている。お笑い養成所に入るために大阪に出てきた2人は、たまたま同じアパートで暮らし始めた。ある日、まひるが便秘になってエレベーター内でうずくまっていたところ、「大丈夫ですか」と声をかけてくれたのがよしこだった。その後、2人は養成所で再会して、のちにコンビを組むことになった。

 彼女たちの生み出す笑いの特徴は「幼稚」の一語に尽きる。脇毛や指の毛がボーボーに生えている女性同士が意気投合するコントが代表作だ。恋愛経験も少ない2人が作るネタは、「オナラ」や「ウンコ」で大笑いできるような小学生レベルの無邪気さに満ちている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る