• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

“ドラマ4話でキス”…NHK「新春TV放談」で光った3人の話

 2日に放送されたNHK「新春TV放談2018」。NHK・民放を問わず、いまのテレビについて語り合うという内容で、今年でもう10回目となる。司会は千原ジュニアと首藤奈知子アナ。パネリストとしてテリー伊藤、ヒャダイン、カンニング竹山らが並ぶが、今回はゲスト的な3人が光った。

「池の水ぜんぶ抜く」(テレビ東京系)が話題の伊藤隆行P。「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ系)などの“お仕事ドラマ”をヒットさせた小田玲奈P。そして元SMAPの3人が出演した「72時間ホンネテレビ」(AbemaTV)を仕掛けた、サイバーエージェントの藤田晋社長だ。

 中でも伊藤Pの「脱・企画の保険」という話が刺激的だった。局内の会議で企画内容よりも視聴率確保の方策(=保険)ばかりが話題になることに反発したというのだ。


 マーケティングに頼らず、自分たちの実感を大切にする姿勢が頼もしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る