高須氏落札の天皇独白録 本当に皇室にプレゼントできる?

公開日:  更新日:

〈日本の未来に役立つ財産だ〉〈日本に取り戻すのは国民の使命〉

 自身のブログでそう意気込んでいた「YES高須クリニック!」の高須克弥院長(72)が日本時間の7日、米NYの競売商ボナムズのオークションで「昭和天皇独白録」の原本とされる文書を落札。価格は、手数料込みで27万5000ドル(約3080万円)というから、さすがに持っている。

 高須院長は同日付のブログに〈勝った!〉〈皇室にお返しするぜ〉などと、落札の喜びをつづっていた。

 手書きで173ページ、計2巻の独白録は昭和天皇が終戦直後、戦前・戦中の出来事を振り返り、側近に語った談話をまとめたもの。ボナムズの担当者は「20世紀の世界史を理解する上で極めて重要な文書」としているが、落札価格は査定額の2倍という。

 そこまでする価値があるのか、という議論はさておき、高須院長はテレビ局の取材に「秋篠宮悠仁さまにプレゼントしようと思って」「なんとか受け取っていただけるといいなと思っている」などと答えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る