業界に風穴か ASKA設立“ガラス張り”音楽配信会社の波紋

公開日: 更新日:

 歌手のASKA(59)が25日に音楽配信会社を立ち上げることを、23日、自身のブログで公表した。

 社名は「Weare(ウィアー)」。「この会社の運営は、僕ではありません。ここで楽曲配信する、すべてのアーティストによって運営されます」と記してあり、要は音楽配信のためのプラットフォームで、高音質のハイレゾをメインに楽曲配信していくという。

 25日の立ち上げには自身のニューアルバム「Black&White」を配信。順次他のアーティストの楽曲も配信される予定だ。ダウンロードは、1曲400円。

「この会社は、配信事業によって利益を上げ、成長を遂げて行く会社ではありません」と記し、楽曲ごとの還元率は世界初の70%。あとの25%が会社運営費、5%が決済会社というアーティストのための配分になっている。「それ以上の利益となった場合には、数字を公開させていただき、すべてを寄付させていただきます」というからガラス張りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  2. 2

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    「実録外伝 大阪電撃作戦」陸軍に学んだ山口組の侵略戦争

もっと見る