• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北野誠さん 「残穢」は捨てて帰ろうと思うほど怖かった

「すいません。本棚はありません」

 時事ネタから下ネタまでストレートな発言で知られるベテランは、週6日、名古屋のCBCラジオで「北野誠のズバリ」を担当。東京の自宅を離れてホテル暮らしだが、毎日3時間の生放送を続けるには、読書が欠かせないという。

 収録後の会議室にうかがうと、テーブルには読み終えた本がズラリと置かれてあった。

「読み返すことはほとんどないから、読んだら人にあげたり、ブックオフに売ったりして、手元にほとんど置いておかないんです。ホテルとかで読んだ本がたまると、こうしてCBCラジオに持ってきたりもします。『読みたかったら読んで』ってスタッフに言うと、みんなで回し読みしてますよ。だから、すいません。本棚はありません」

「オールド・テロリスト」「罪の声」などの小説のほか、ノンフィクション「裁判所の正体」「言ってはいけない 残酷すぎる真実」「ざんねんないきもの事典」「生きものたちの秘められた性生活」などジャンルはさまざまだ。“本の山”には、下ネタ系もあるが、しっかりした内容の小説や新書、科学書の方が多く見られる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る