• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

美川憲一が予言? 覚醒剤で逮捕された清水良太郎の“悪評”

 清水容疑者といえば、過去に女優の深田恭子や観月ありさなどと熱愛を報じられた二世タレントきってのモテ男だったが、昨年5月に一般女性と結婚し、同11月に長女が生まれた。幸せいっぱいのはずが、今年2月、写真誌フライデーに「闇カジノで違法賭博疑惑」を報じられ、謹慎。6月から芸能活動を再開したばかりだった。

「清水容疑者は9月29日放送のTBS系バラエティー番組で、タレントの美川憲一から『私の昔を見ているみたい』『あんたは逮捕されてないけど、私は逮捕されたんだから、大麻(取締法違反)で』などと説教されていた。その矢先に覚醒剤で逮捕だから、ネット住民らが『美川の予言か』なんて騒いでいるのです」(テレビ局関係者)

 近隣住民が言う。

「3年ほど前に隣接する新築の戸建て3棟をまとめ買いし、アキラさんや良太郎さん一家で暮らしている。トータルで2億円近いんだとか。用事があって訪ねても、対応は常にインターホン越し。近所付き合いを避けていたんじゃないかな。良太郎さんは車高の高い車を乗り回し、愛想はよくないし、目つきも悪い」

 いずれにせよ、妻子がいながら闇カジノにデリヘルに覚醒剤では、救いようがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る