• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テレ東の池上無双に他局布陣は 民放選挙特番は戦国モード

 結局、「報ステ」の富川と小川彩佳のコンビに政治ジャーナリストの後藤謙次氏、「サタデーステーション」から高島彩、「サンデーステーション」から長野智子らを起用する“オールステーション”体制で本番に臨むことになった。

 TBSも似たような悩みを抱えている。夕方のニュース番組「Nスタ」を担当する同局の井上貴博アナとタレントのホラン千秋を司会に据えて、「NEWS23」の星浩キャスターが解説を担当することを発表したが、「これで数字が取れるのか?」という声が上がっているからだ。

「視聴率が好調な『ひるおび!』司会の恵俊彰を起用するプランもあったが、報道と情報番組でスタッフ間の関係もビミョー。いまひとつまとまらない。視聴率でいえば恵に軍配が上がりますが、どうなることやら……」(放送作家)

 フジテレビはどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る