日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

24時間テレビ巡り…日テレvs報道陣“一触即発”の異常事態

 今月26日から放送される日本テレビ系「24時間テレビ」の番組PRを巡り、局の広報・宣伝部と報道陣が一触即発の事態に陥っているらしい。日テレサイドが異例の“情報統制”を敷いていることから、スポーツ紙やテレビ誌などの記者が、一斉に反発しているという。

 事の発端はチャリティーマラソンランナーを巡る情報合戦。これまでアンジャッシュの渡部建、りゅうちぇる、みやぞんら、さまざまな名前が報じられた。

「日テレは『26日当日の放送を見ろ』というだけ。あまりの冷たい対応に、記者から大ブーイングが上がったんです。日テレの担当記者としては『はい、分かりました』と簡単に引き下がれない。窓口となる宣伝部の担当者から情報を取ろうとするが『知らない』『教えられない』の一点張り。しかも、申し訳なさそうな態度ならともかく、30歳前後の若造が実に偉そうな態度で接していて、猛反発を買っています」(日テレ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事