日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元阪神エースの井川慶さん 無給の独立リーグで投げるワケ

 ペナントレース前半を2位で折り返した阪神は、弱いといわれる後半戦でも2位をキープ(1日現在)。虎ファンはますます応援に熱が入っている。その阪神が前回リーグ優勝したのは2005年のこと。当時、先発エースとして大活躍していたのが井川慶投手(38)だ。06年のシーズン終了後に大リーグへ移籍。最近はあまり名前を聞かないが、今どうしているのか。

■特別待遇のオファーを断り「無給」

 会ったのは、兵庫県三田市にある駒ケ谷運動公園内の体育館。井川さん、関西独立リーグ「兵庫ブルーサンダーズ」の一員として、20代の若い選手に交じって練習していた。

「2月に選手契約しました。今のチームの続木敏之監督は僕のタイガース時代のコーチで、オリックスを辞めた時に声をかけてくださった。どこかで野球をやりたいとは思ってたんで、練習に参加させていただくところからスタートしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事