日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

テレ朝久保田アナだけじゃない? 35歳カラコン論争の行方

 4月からスタートしたテレビ朝日「マツコ&有吉 かりそめ天国」。19日の放送で、進行役を務める久保田直子アナウンサー(35)が黒目を大きく見せるカラーコンタクトレンズを着用していることが明らかになり、視聴者の間で議論が巻き起こっている。

 番組中、マツコが久保田アナのカラコンに気づくと、「もう歳なんだからやめた方がいいよ」とピシャリ。久保田アナが「黒目が小さくてこれを取ると別人になるんです」「裸は見せられても、コンタクトを取った姿は見せられない」と訴えると、有吉と一緒に「30歳を超えてカラコン入れてるオバサンのアナウンサーっている?」「あなたに目のクリクリさは誰も求めていない」と集中砲火を浴びせた。

 このカラコン問題、今どきの女性にとっては身近なアイテムだけに、ツイッターではちょっとした論争に。

<大きな目が特徴だったのにフェイクなのか><黒目デカくしたい女性の気持ちが分からん>というコメントがある一方、<35歳の女子アナがマツコと有吉にカラコン咎められてるの心が痛い>とつぶやいた女性も。<マツコさんだって今ここでつけま(つげ)外せって言われたらブチ切れるだろうに>と反発する声も上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事