日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山下智久と亀梨和也を再共演…藤島ジュリー副社長の評判

 元ジャニーズのマネジャーで、SMAP担当の飯島三智氏(60)のジャニーズ事務所退社が昨年1月。以来、SMAPの独立解散騒動へとつながっていったが、飯島氏の腹心の部下で、SMAPを担当していたマネジャーF氏がこのほどジャニーズを退社したという。

 木村拓哉(44)を除く元メンバー4人の契約更改が9月にあり、独立するかどうかの意思表示が6月に迫っている。F氏の退社は元メンバーたちの独立第2章のはじまりかも知れない。ジャニーズに詳しい関係者が言う。

「藤島ジュリー景子副社長は今年に入って、犬猿の仲であった飯島氏の率いる飯島派の取り込みを行っています。例えばNEWS脱退後の山下智久も飯島氏がマネジメントしており、これまでのジュリー副社長なら山下の仕事を干して不思議じゃないのですけど、KAT―TUNの亀梨和也と組ませ、現在放送中の連続ドラマ『ボク、運命の人です。』(日テレ系)で共演させたりしている。それもこれも、元SMAPメンバーであれ、山下であれ、稼げるタレントは使おうという方針を固めたのでしょう。ところが、飯島氏の采配との違いといいますか、ジュリー副社長のやり方がうまく機能しているかというと、そうでもない。実はそのこととF氏の退社との関連があるかも知れません。その先に元SMAPメンバーたちの去就も関係してくるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事