二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

ASKAと清水富美加に違和感 一連の騒動は“本の宣伝”なのか

公開日: 更新日:

「引退・出家」騒動勃発当初は清水富美加にも同情的な声もあったが、事態は大きく変わった。

 清水が事務所への不満と出家に至る経緯を本にして出版するという新手に出た。事務所が「不可解」と困惑するのも当然のこと。書籍の出版は緊急でも1カ月は時間を要す。あらかじめ出版の準備をしていたと思うのが自然。仮に、5月の契約更改時に退社。その後に出版なら、これほど話題になることはなかったはず。「先に出版ありきで事務所との対立軸を仕掛けたのでは」という疑惑も持たれている。

「類は友を呼ぶ」かのように、騒動の渦中にあったASKAの告白本の発売が清水とかち合った。ASKAも発売2日前に地元・福岡のテレビに出演。本の宣伝を兼ね新曲を披露して話題を集めた。

 両者ともメディアを巧みに使った書籍宣伝のための「仕掛け」だろうが、昔から芸能界には「仕掛け」は普通にあった手法。柳葉敏郎、哀川翔らのいた「一世風靡セピア」は、あえて路上パフォーマンス集団として渋谷の繁華街で活動。大衆の口コミで広がった謎の集団をメディアが次々と取り上げ、文字通り一世を風靡する人気になった。路上で歌って踊り、大衆からメディアに載せる。これも一種の仕掛けである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  2. 2

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    「実録外伝 大阪電撃作戦」陸軍に学んだ山口組の侵略戦争

もっと見る