二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

ASKAと清水富美加に違和感 一連の騒動は“本の宣伝”なのか

公開日:

「引退・出家」騒動勃発当初は清水富美加にも同情的な声もあったが、事態は大きく変わった。

 清水が事務所への不満と出家に至る経緯を本にして出版するという新手に出た。事務所が「不可解」と困惑するのも当然のこと。書籍の出版は緊急でも1カ月は時間を要す。あらかじめ出版の準備をしていたと思うのが自然。仮に、5月の契約更改時に退社。その後に出版なら、これほど話題になることはなかったはず。「先に出版ありきで事務所との対立軸を仕掛けたのでは」という疑惑も持たれている。

「類は友を呼ぶ」かのように、騒動の渦中にあったASKAの告白本の発売が清水とかち合った。ASKAも発売2日前に地元・福岡のテレビに出演。本の宣伝を兼ね新曲を披露して話題を集めた。

 両者ともメディアを巧みに使った書籍宣伝のための「仕掛け」だろうが、昔から芸能界には「仕掛け」は普通にあった手法。柳葉敏郎、哀川翔らのいた「一世風靡セピア」は、あえて路上パフォーマンス集団として渋谷の繁華街で活動。大衆の口コミで広がった謎の集団をメディアが次々と取り上げ、文字通り一世を風靡する人気になった。路上で歌って踊り、大衆からメディアに載せる。これも一種の仕掛けである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る