ASKA告白本の核心 盗聴疑惑と「お茶から覚醒剤」の真相

公開日: 更新日:

 昨年11月に覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕、翌12月に「尿ではなくお茶だった」という前代未聞の理由で、不起訴釈放された歌手のASKA(58)が活動を再開。15日のテレビ出演に続き、17日には告白本を出版、22日にアルバム「Too many people」をリリースと精力的だ。

 告白本「700番(第二巻、第三巻)」(扶桑社)は、予約開始直後アマゾンで全ジャンル1位、現在もエッセー部門で1位と話題の本になっている。当初はブログの書籍化をメーンにしていたが、2度目の逮捕を受けて、その真相を大幅加筆。2016年1月の強制医療入院以前のブログ(第一巻)を続編として発売するという。

「全てご自身で執筆し、校正までチェックされました。ASKAさんは終始穏やかで連絡がつかなくなるようなことはありませんでした」と語るのは担当編集者だ。こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  2. 2

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    「実録外伝 大阪電撃作戦」陸軍に学んだ山口組の侵略戦争

もっと見る