20年無敗の裏プロ雀士 桜井章一氏が語る40年前の歌舞伎町

公開日:  更新日:

 40年前、ちょうど30歳すぎの頃は会社員をやっていました。といっても、給料はもらってなかったけどね。こっちから「カネはいらない」って入社したんですよ。男が男に惚れるっていうのですかね、ある人に引かれて、その人が経営する社員200人くらいの会社に入った。誤解されると困るけど、僕が「この人は」と思ったのは、後にも先にも、その人だけです。

 必要なカネは麻雀で稼いでいました。やれば絶対に負けなかったからね。打つのは歌舞伎町のフリー雀荘です。夕方すぎから「小悪」相手に稼いでいた。いわゆる、そのスジの人たちですよ。時々、間違ってシロウトが雀荘に入ってくるのですが、ビビってしまうのか、シロウトはまず勝てなかったね。

 さすが、歌舞伎町のフリー雀荘には博才の強い連中が集まっていた。言葉ひとつで命のやりとりになりかねない厳しい世界で生き残るには、やはり博才が必要なのでしょう。皆、強かったですよ。後からプロ雀士として名前を売ったヤツも打ちに来てたけど、来れば負けていた。どだい博才が違うんですよ。歌舞伎町の住民は「なんで、あいつがプロなんだよ」と笑っていましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る