• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「誘惑天使」葉月奏太著

 貴子はうっとりした様子で深呼吸して、じっくりと楽しむように、硬直した肉棒をクチュクチュと扱きあげるのだ。

「内田くんのオチ×チン、また大きくなったみたい」

「くぅっ、こんなにされたら……ぼ、僕、もう……」

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事