• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「快楽のリベンジ」睦月影郎著

 コリッとした突起を下から上ヘ舐め上げ、時にチロチロと左右に動かし、さらに上の歯で包皮を剥いてチュッと吸い付いた。

「あう、すごい……!」

 恵理子も身を弓なりに反らせて硬直し、新たな愛液をトロトロと漏らしながらクネクネ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事