日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「黄昏に君にまみれて」草凪優著

 挿入状態で乳首を刺激されると、蜜壺に埋まった男根に力がこもっていく気がした。より硬くなり、太さまで増す――錯覚かもしれないが、肉と肉との密着感がたしかにあがっていた。尻の双丘をつかんだ両手に力がこもった。ピーンと両脚を突っ張れば、こわばった全身が小刻みに震えだした。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事