「図説日本のメディア[新版]」 藤竹暁、竹下俊郎編著

公開日:

 かつては新聞や雑誌、放送などのメディア企業のみが情報発信をしていたが、インターネット時代になると、ブログなどで個人も発信できるようになった。また、インターネット事業者がニュースの配信をするようになり、ニュースサービスの生産と流通が分離することに。それがニュースの価値付けの変化を促す。 ポータルサービスでは新聞社が1面のトップに掲載した記事が優先されるとはかぎらない。テレビの視聴率至上主義が番組の低俗化を招いたように、インターネットで閲覧数至上主義が市場を席巻し、人目を引く画像や動画で閲覧数を集めるバイラルメディアが登場して、トラブルを起こしている。

 マスコミ関係者必読の一冊。

(NHKブックス 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る