「泥棒はスプーンを数える」ローレンス・ブロック著 田口俊樹訳

公開日:

 ニューヨークで古本屋を営むバーニイは、スミスと名乗る客から、博物館に所蔵されているフィッツジェラルドの生原稿を盗み出してほしいと頼まれる。スミスはバーニイのもうひとつの仕事が泥棒だと知っていた。原稿は発表前の仮タイトルがつけられているため、博物館はその価値に気づいていないらしい。

 2週間後、依頼された仕事を終えたバーニイは、客として目の前に現れたとびっきりの美人、ジャニーンと夢のような一夜を過ごす。翌朝、殺人事件の捜査を担当する顔見知りの刑事、レイがバーニイを訪ねてきた。バーニイはレイに頼まれ、泥棒の視点から現場を検証することに。

「泥棒探偵バーニイ・ローデンバー」シリーズ最終巻。

(集英社 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る