「究極の疲れないカラダ」仲野広倫著

公開日:

 中高年を過ぎると、「片足立ちで靴下がはけない」「体が硬くなってあぐらがかきにくい」などの症状に見舞われる人が増えてくる。そして、すべては“老化のせい”と考え、放置されるケースがほとんどだ。

 しかし、これらは「体の機能障害」であり、ちょっとしたエクササイズで改善は可能であると、米国政府公認カイロプラクティックドクターの著者は言う。なぜ機能障害が起きるのか。それは、間違った体の使い方や加齢によって、体のキャパシティー=機能運動性が低下するため。「最近、体力が落ちた」と感じるのも、機能運動性の低下が原因だ。

 機能運動性低下の対策として、やみくもに筋トレやジョギングなどをしても実はあまり意味がない。機能運動性とは、柔軟性(関節の可動域)、安定性(筋肉の強さ)、バランス(動きの協調性)の総合得点であり、体を動かしたいように動かせる能力のこと。この3つを強化することが機能運動性向上には不可欠であり、“なんとなく”の運動をどんなに行っても成果は表れにくい。

 本書では、1日数分でできる機能運動性回復エクササイズを紹介。片足立ちになり、股関節回りのとくに硬い部分を手で押しながら足を前後に振る「片足立ち筋肉リリース」は、左右1日3セット行えば柔軟性とバランスを高めるのに効果的だ。エクササイズの成果は自己判定も可能。壁に背中を付けて立ち、肩を90度まで上げて肘を曲げ、手の甲側の手首と小指を壁に付ける「壁立ち」や、「片足立ちバランス」などの機能運動性検査で、体の変化が分かるはずだ。

 動きやすく疲れにくい体が手に入れば、寝たきりなど将来の健康リスク軽減にもつながるだろう。

(アチーブメント出版 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る