北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ドライブインまほろば」遠田潤子著

公開日:

 苦しくなる。いつもそうだ。それなのに、読んでいると苦しくなるのに、遠田潤子の新作が出ると、いつもすぐに読むのはどうしてなのか。

 今回の舞台は、峠越えの旧道沿いで細々と営業を続ける「ドライブインまほろば」。そこに幼い妹を連れた少年が、ある日舞い込んでくる。夏休みが終わるまでここに置いてくださいと。冒頭でこの少年が父親を殺したことを読者は知らされている。あとでそれが義父であることがわかるのだが、その義父殺しの場面から本書の幕が開くのだ。

 さびれたドライブインを経営する比奈子は幼い2人を受け入れて、束の間の幸せが始まっていく。比奈子には幼い娘を亡くした過去があり、少年たちを受け入れたことにはそういう影響もある。

 その近くに、10年に一度だけ現れる幻の池があるという。その10年池で一晩過ごせば生まれ変わることが出来る、というのがこの地に伝わる伝説だ。それを聞いてから少年は、幻の池を探し始める。つまり、彼は生まれ変わりたいのである。義父を殺すような人生ではなく、違う人生を生きたいのだ。幻の池は、少年の夢を映す鏡でもある。はたして少年は10年池を見つけることが出来るのかは、ここに書かないでおく。なぜ少年は義父を殺したのか。その真実はずっと明かされないまま物語は進んでいく。それが噴出するラスト30ページが圧巻。遠田潤子の傑作だ。

(祥伝社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る