「昭和探偵2」風野真知雄著

公開日: 更新日:

 テレビに出演して以来、昭和の謎に関する依頼が絶えない探偵の熱木の噂を聞きつけ、谷岡という女性が訪ねてくる。彼女の依頼とは、昭和52年に事故死した祖母・京子に関することだった。当時、48歳だった京子は、はやっていた「ラッタッタ」という乗り物に乗ってダンプカーと正面衝突したらしい。なぜ免許もないのに京子がラッタッタに乗ろうとしたのか、その理由を知りたいという。

 手始めに事故現場で聞き込みを始めた熱木は、京都出身の京子が三軒茶屋の駅前で営んでいた京料理の店の常連客を見つけ出し、話を聞く。(「お祖母ちゃんはなぜ、ラッタッタに乗った?」)

 平成の世に昭和の面影を探して歩く探偵を主人公にした連作シリーズ第2弾。

(講談社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る