「昭和探偵2」風野真知雄著

公開日:

 テレビに出演して以来、昭和の謎に関する依頼が絶えない探偵の熱木の噂を聞きつけ、谷岡という女性が訪ねてくる。彼女の依頼とは、昭和52年に事故死した祖母・京子に関することだった。当時、48歳だった京子は、はやっていた「ラッタッタ」という乗り物に乗ってダンプカーと正面衝突したらしい。なぜ免許もないのに京子がラッタッタに乗ろうとしたのか、その理由を知りたいという。

 手始めに事故現場で聞き込みを始めた熱木は、京都出身の京子が三軒茶屋の駅前で営んでいた京料理の店の常連客を見つけ出し、話を聞く。(「お祖母ちゃんはなぜ、ラッタッタに乗った?」)

 平成の世に昭和の面影を探して歩く探偵を主人公にした連作シリーズ第2弾。

(講談社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る