「偽りの銃弾」ハーラン・コーベン著 田口俊樹、大谷瑠璃子訳

公開日:  更新日:

 戦闘ヘリコプターの元パイロットのマヤは、4カ月前の姉のクレアに続き、夫のジョーまで亡くしてしまう。ジョーは、夜の公園で暴漢に襲われ、拳銃で殺されたのだ。葬儀の日、マヤは親友から子守を監視するためのカメラが仕込まれたフォトフレームを渡される。マヤの2歳の娘・リリーの子守・イザベラは富豪のジョーの実家に仕える使用人のひとりだった。

 イザベラのことを信用しているマヤは気が進まないが、念のためフォトフレームを居間にセットする。そんな中、マヤは外出中に同じ車に尾行されていることに気づく。数日後、マヤは監視カメラの映像に死んだはずのジョーの姿を見つけ、動揺する。

 ジュリア・ロバーツ製作・主演で映画化が進む長編サスペンス。

(小学館 930円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る