「彼女がエスパーだったころ」宮内悠介著

公開日:  更新日:

 千晴は、取材で訪ねた「わたし」が持参したスプーンをたちまち小さな龍のオブジェに変形させてみせた。彼女がスプーンが曲がることに気づいたのは5歳のときだったという。彼女が注目を集めたのは、就職後にストレスからうつ病になり、大量のスプーンを曲げては放る動画をウェブに公開したことがきっかけだった。

 エスパー界のゆるキャラとなった千晴自身は、超能力があるともないとも公言を避けていた。結婚相手の物理学者・秋槻が転落死した後、千晴は毀誉褒貶の日々を過ごしていた。わたしは彼女の上司や母親へも取材を続ける。(表題作)

 火の扱いを覚えた猿による放火事件をテーマにした「百匹目の猿」など、SFとミステリーが融合した短編作品集。

(講談社 610円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る