• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「結婚奉行」辻井南青紀著

 旗本御家人の家で養子縁組や持参金などが横行。金次第で結婚相手を決める悪習を廃するため、火盗改同心だった新十郎は、「結婚奉行」に任じられる。さっそく大番組頭の有馬家の一人娘・千世から相談事が持ち込まれた。祝言の朝、こつぜんと姿を消した花婿の藤蔵を捜して欲しいというのだ。

 藤蔵は寺嶋道場の跡取りだった。呼び出した道場の当主に話を聞くと、遠い親戚筋にあたる藤蔵とは元服まで会ったことはなかったが、剣の素質と人柄を見て養子縁組を決めたという。藤蔵の出身である東国の外様藩に人を送るが、親戚だという藩士を見つけることができなかった。(「消えた花婿」)

 真面目一筋、猪突猛進の新十郎が、妻や友人らの助けを借りて武家の婚活を助ける時代連作集。

(新潮社 590円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る