• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

典型的な症状が表れにくい高齢者特有の疾患

「70歳からの病気」朝日新聞出版編

“人生100年時代”となっている長寿国・日本。高齢になればどうしてもリスクが高くなり、回避も難しい疾患があることも知っておかなければならない。本書では老化によってかかりやすくなる28の疾患について、その症状や治療法などを解説している。

 若い頃から食生活に気をつけていた人でも、高齢になって糖尿病を発症するケースがある。血糖値を下げるインスリンは、加齢とともに働きや分泌量が低下するためだ。「高齢者糖尿病」と呼ばれる疾患では、若い世代の糖尿病のように口渇や多飲などの症状が表れず脱水症状が起こりやすい。

 さらに、治療薬で重度低血糖が起こりやすいのも特徴のひとつ。しかも、激しい動悸や発汗、ふるえなどの典型的な症状は表れず、一方で体のふらつきや目のかすみ、あるいはせん妄などが起こる。低血糖に気づかず対処が遅れ、救急搬送される高齢者が年間2万人近くいるそうだ。

 年を取ってから突然表れる「高齢発症てんかん」にも要注意だ。てんかんは大脳の神経細胞が過剰に興奮することで発作が起こる脳の慢性疾患で、高齢者では脳血管障害や認知症によっても起こるが、原因不明の場合も少なくない。症状は口をもぐもぐ動かす、ボーッと一点を見つめるなどてんかんに見えないものも多い。しかし、突然意識を失うこともあり、車の運転中なら大事故にもつながる。抗てんかん薬で症状を抑えることは可能であるため、早めの受診が大切だ。

(朝日新聞出版 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る