「キリの理容室」上野歩著

公開日:  更新日:

 神野キリの母は、独立して理容店をやるといってサラリーマンの父とキリを残して家を出た。だが、出資してくれた男と一緒に暮らしていることがわかった。キリはそんな母を嫌っていたが、母と同じ理容師を目指す。

 理容師国家試験はなんとか合格したものの、カッティング技術は合格ラインすれすれだったので、理容学校の教務主任が修業先を紹介してくれた。そこはかつて母が働いていた「バーバーチー」だった。

 ひとりで店を切り盛りしている広瀬千恵子は子供の頃、よく母の職場に遊びに来たキリを覚えていた。即採用となったが、雑用ばかりでなかなかカットを任せてもらえない。

 女性も通える、おもてなしの精神をもった理容店を目指す理容女子の物語。 (講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る