• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「キリの理容室」上野歩著

 神野キリの母は、独立して理容店をやるといってサラリーマンの父とキリを残して家を出た。だが、出資してくれた男と一緒に暮らしていることがわかった。キリはそんな母を嫌っていたが、母と同じ理容師を目指す。

 理容師国家試験はなんとか合格したものの、カッティング技術は合格ラインすれすれだったので、理容学校の教務主任が修業先を紹介してくれた。そこはかつて母が働いていた「バーバーチー」だった。

 ひとりで店を切り盛りしている広瀬千恵子は子供の頃、よく母の職場に遊びに来たキリを覚えていた。即採用となったが、雑用ばかりでなかなかカットを任せてもらえない。

 女性も通える、おもてなしの精神をもった理容店を目指す理容女子の物語。 (講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  10. 10

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

もっと見る