「豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件」倉知淳著

公開日:  更新日:

 飯塚勝男二等兵は陸軍特殊科学研究所で、空間をひっくり返す「空間転位式爆撃装置」の研究に従事している。当番交代の時間に景浦二等兵を呼びに行ったら、彼の死体を発見、周囲に豆腐のかけらが散らばっている。その前日、景浦は正木博士に「豆腐の角に頭をぶつけて死んでしまえっ」と罵倒され、夜食だと豆腐を渡されたのだった。

 飯塚が豆腐で撲殺したと疑われたが、正木博士は、豆腐を凍らせて凶器にするには氷点下40度くらいにしないと無理だという。すると刀根少佐が、実験の第1段階が成功して、空間逆転現象が起こり、凸状になった部屋の隅にぶつかったのではないかと言いだした。(表題作)

 奇妙奇天烈な事件やユーモラスなミステリーなど6編。

 (実業之日本社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る