「爆身」大沢在昌著

公開日:  更新日:

 通称キリと呼ばれるボディーガードのもとに、ニュージーランド在住のトマス・リーなる人物から、日本滞在中の警護依頼のメールが届いた。フィッシングガイドをしているというリーが、なぜ大手警備会社ではなく、自分に警護を依頼したのか。

 さらに、一体誰に狙われているというのか。疑問に思ったキリは、とりあえず依頼人から話を聞くため、来日後の宿泊先となっているホテルのレストランに打ち合わせに向かう。

 ところが、キリが到着直後、ホテル内で爆発のようなものがあり、依頼人が爆死してしまったことを知る。火薬のにおいもせず、被害者はリーひとりだけだった。事故なのか、殺人なのか。フィクサー・睦月の依頼で、キリは事件の真相を調べ始めるのだが……。

 本書は、前作「獣眼」に続く、“ボディーガード・キリ”シリーズの最新作。キリのもとに舞い込んだ依頼人リーの爆死という事件を巡って、呪い殺されることを恐れていたというリーの正体や、リーを襲った呪術のからくりが徐々に明らかにされていく。呪術で果たして人体発火は可能なのか。

 主人公のクールな洞察が光るハードボイルド小説。

(徳間書店 1900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る