• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「白日の鴉」福澤徹三著

 製薬会社に勤務する友永は、大事な商談に向かう移動中、駅で見知らぬ女から痴漢呼ばわりをされる。身に覚えのない友永だが、現場を見たという乗客に駅事務室に連れていかれそうになり、思わず逃げるが、駅前の交番に勤務する新人警官・新田に逮捕されてしまう。友永は、刑事の執拗な取り調べに終始一貫して無実を主張するが、被害者と目撃者が揃っており、誰も信用してくれない。

 一方の新田は、数日後、痴漢の被害者の春乃と目撃者の中迫が一緒にいる姿を目撃して、ある疑念が湧く。やがて中迫と春乃が1年以上前から顔見知りだったことを知った新田は、弁護士の五味に協力を仰ぐ。

 仕組まれた冤罪(えんざい)を晴らすために不可能に挑戦する3人の戦いを描く徹夜必至の長編小説。(光文社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  5. 5

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る