「DNAの98%は謎」小林武彦著

公開日:  更新日:

 20世紀後半から急激に進歩した生命科学は、医学に革命的な進歩をもたらしつつある。その基礎になるのが分子生物学で、今後はそれ抜きで医学は語れない。

 中でも重要なのはDNAで、人類は遺伝子の情報を記録するゲノム(全遺伝情報)の解読に成功したことが知られている。しかし、実はわかっているのはタンパク質合成に必要な2%のコードDNAに過ぎず、残りの非コードDNAである98%は依然、暗黒領域であるという。

 では、非コードDNAは何をしているのか? 東京大学分子細胞生物学研究所の教授である著者が、最新の情報をもとにその役割について解説してくれる。これからの新しい治療のヒントも書かれていて興味深い。今後の医学の方向性を知るうえでも読んでおきたい一冊だ。

(講談社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る