「悪い夏」染井為人著

公開日:  更新日:

 佐々木守は船岡市役所の生活福祉課で生活保護受給者のもとを回るケースワーカーをしている。もう治っているのに腰痛だといって働かない山田など、くせ者ぞろい。その上、山田の診察をしている医師は、生活保護受給者を利用して高い医療費を請求している悪徳医師だ。ある日、同僚の富田有子が、先輩の高野の悪行に気づき、佐々木を誘って調査を始める。高野はシングルマザーの愛美が風俗店でこっそり働いていることをつかみ、肉体関係を強要していた。それを知ったヤクザの金本は、受給者を利用した裏ビジネスを思いつく。真面目な公務員の佐々木は、いつしか悪のスパイラルに巻き込まれていく。

 横溝正史ミステリ大賞優秀賞受賞作。

(KADOKAWA 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る