• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「BAR物語」川畑弘著

 開高健が通った赤坂のバー「木家下」のマスターがある日、開高から「いいバーの条件とは何ぞや?」と聞かれた。答えは「店がヒマなこと」。つまり客は見知ったマスターの顔を見て冗談を言ったり、愚痴を聞いてもらいたくてバーに来るのだと。本書には、そんな客の心をすくい取って至福の時間を与えてくれるバーテンダーの取っておきの話が収められている。

 95歳、バーテンダー歴70年というマスターがいた札幌の「バーやまざき」。80歳でいまだ見習バーテンダーという、亡き夫の後を継ぐ福島の老舗「木馬館」のお母さん。開店後3カ月で大震災に見舞われ、その1カ月後に再開した南相馬の「ウィザード」。開店55年、突然の病気で休店せざるを得なかったが、歴史ある店をなくすわけにはいかないという仲間の協力で無事、再開を果たした北新地の「樽」など。

 著者はバーテンダー向けのサントリーのPR誌「ウイスキーヴォイス」の編集長。巻末の本書に登場するバーのマップは旅人必携。(集英社インターナショナル 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  6. 6

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  7. 7

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る