• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
西邑淸志
西邑淸志

 2018年の戌年は、新しいことが始まる年であり、再生、再スタート、よみがえりの年といえます。そして神社を参拝して「強運」に「感動的」に生きる年でもあります。そのためには「経済(仕事)運」と「家庭運」のどちらかが欠けてもいけません。  もちろん、その前提として、一人一人が努力することも大切です。昔から“困ったときの神頼み”といいますが、8~9割は本人次第。ただ、今まで順調だったのに、最後の最後で足をすくわれたり、どんでん返しにあったりするのです。「その最後の一厘こそが神仏や」と見抜いた大経済人は数多くいました。世の成功者は、神社に参って勝負に打ち勝つ力を身につけて強運になり、大成していったのです。  来年は、前年までの嫌なことを断ち切り、心機一転の素晴らしい戌年として、「感動的」に過ごしましょう。

著者のコラム一覧

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る